福井市結婚・子育て応援サイト「はぐくむ.net」 福井市結婚・子育て応援サイト

福井市結婚・子育て応援サイト福井市結婚子育て応援サイト「はぐくむ.net」

Vol.1 こどもの遊び食べについて

最終更新日:2017年5月20日

こどもの遊び食べについて

 赤ちゃんの頃には、一生懸命母乳やミルクを飲み、離乳食も順調に進んでいたのに、1歳を過ぎたあたりから「あまり食べない」「むらがある」「好き嫌いがでてきた」といった姿が多くみられます。離乳食から幼児食の移行期頃によくある、食べ物を手でこねたり放りだしたりするような子どもの行動は、一見ただ遊んでいるように見えますが、子どもなりに「自立」に向かって学習しているごく自然な様子です。3歳ごろには、少なくなってきますので、ある程度「けじめ」をつけながら、上手に対応していきましょう。
 2歳後半頃には早くも「反抗期」があらわれ、気に入らないと何でも反抗し、「食べない!」と大人を悩ませるような行動もみられます。ひとつひとつの反抗にむきにならず、さりげなく子どもの気持ちを受け止めてあげましょう。大人が叱ることは、子どもがますます反抗して逆効果です。また、食べないからといって、無理に食べさせることは、絶対に禁物です。無理強いが度重なると、食べることにますます意欲を示さなくなってしまいます。発育がその子なりに順調で、元気な場合には、次のようなことに気をつけてみるとよいでしょう。

気をつけてみるとよいこと


ここで注意
 食事をしなかったからと、代わりにお菓子をあげてしまうと、次の食事時間にまたお腹がすきません。水分の補給程度にして、少し食事時間を早めてあげる等の対応をとりましょう。空腹と満腹のめりはりが大事です。お菓子を食べすぎていなくても、ジュースや牛乳を飲みすぎていないか、食事時間が不規則になっていないか、食生活全体を見直してみるとよいでしょう。

最後に
 子どもの食欲や食べる量にムラがあるのは、あたりまえのことです。大人のように時計をみて、食事をとる習慣はまだありません。早寝、早起きを心がけ、生活の中に体を動かすあそびを十分取り入れて、『お腹のすくリズムをつくること』が、自分から「食べたい!」と意欲がもてる子に育つ一番の近道です。 
 

(福井市子育て支援室 管理栄養士)

お問合せ先

福井市 福祉保健部 子育て支援室
電話番号:0776-20-5270/FAX番号:0776-20-5490
最終更新日:2017年5月20日

▲ ページの先頭へ戻る